記事「保険に加入するなら「貯蓄型」と「掛け捨て型」どっち? ...」のページです。

保険に加入するなら「貯蓄型」と「掛け捨て型」どっち? 掛け捨て保険の長所

掛け捨て保険の長所

生命保険には大きく「貯蓄型」と「掛け捨て型」、二つのタイプの保険があります。

どちらにも一長一短あり、どちらに加入するのかとても悩ましい問題です。

入るなら損をしたくない! と言うのが人情というものですが、選ぶならどっちの保険がお得なのでしょうか?

まずそれぞれの保険について、おさらいしておきましょう。

「貯蓄」タイプの保険とは

貯蓄保険は月々の保険料を支払っていき、支払い額が満額に達すると一生涯保障が続く保険です。
その分掛け捨てに比べると保険料はかなりの割り高となっています。
ただし保険料の更新はありませんので、支払う保険料は常に一律になります。
またこのタイプの保険は、途中で契約を解除しても「契約返戻金」として、支払った保険料が返ってきます。
しかし支払いが満期に達していない時に解約すると、保険料は一部しか返ってきません。
支払いが満額に達すれば、返戻率は100%を超えます。
つまり保険料が丸々返ってくるのです。
さらに年々返戻率は上がっていきますので、資産運用としても活用できます。

貯蓄型の保険:「終身保険」「終身医療保険」「養老保険」等

「掛け捨て」タイプの保険とは

掛け捨て保険は、保険料を支払っている期間だけ保障してくれる保険です。
貯蓄型と比べると、保険料が安いのが特徴です。
ただし十年区切りで保険料の更新があり、少しずつ値が上がっていきます。
こちらは解約しても保険料は返ってきません。

掛け捨て型の保険:「定期保険」「収入保障保険」「定期医療保険」等

それぞれこの様な特徴があります。

後々に保険料が返ってくる、という点から「貯蓄型保険の方がお得では?」と感じる人は多いと思います。

確かに結果だけみれば、そうなのかもしれません。

しかし、だからと言って「掛け捨て」が損とは限りません。

掛け捨て保険には貯蓄型にない利点もあるのです。

詳しくみていきましょう。

■ 生命保険=掛け捨て?

はてな

言葉の印象のせいか「掛け捨て」の保険は、まるでお金を捨ててる様なイメージを持ってしまいがちですが、勿論そんなことありません。

掛け捨て保険は品物を購入した時の様に、目に見える形で品がないため、なかなか実感しづらいと思いますが、支払った金額分の保障をきっちりとしてくれているのです。

車の駐車場代で例えると、多少理解しやすいのではないでしょうか?

支払った期間だけ車のスペースを用意してくれるように、掛け捨て保険も被保険者となった方の危機に、いつでも助けるための用意をしてくれているのです。

「掛け捨て型」にかかる保険料は、生命保険だけにかかる代金と言えます。

むしろ「貯蓄型」の方が、生命保険としては特殊と言えるのかもしれません。

貯蓄型は生命保険に加えて、積み立て貯金をしているようなものです。

つまり、

掛け捨て型 = 生命保険

貯蓄型 = 生命保険 + 貯金

とご理解いただければと思います。

純粋に生命保険に入る事だけが目的なら、「掛け捨て型」が基本と言えると思います。

それに貯蓄型の保険料が、いずれ解約返戻金として返ってくるといっても、それまでは長い時間がかかります。

その間、何事もないと言い切れません。

ひょっとしたら、まとまったお金が必要になることもあるかもしれません。

そんな時、ご自身で積み立てをしていた場合は、いつでも自由に引き出せるでしょう。

しかし貯蓄型保険の場合はそうはいきません。

もし「どうしてもお金が必要だから」と、支払いが満期に達する前に解約してしまえば、支払った何十%かは返ってきません。

色々な状況を考えた場合、貯蓄型が絶対にお得! とは言い切れないのではないかと思います。

■ 掛け捨ての最大の長所は保険料の安さ!

安さ

掛け捨て保険の魅力は、何と言っても保険料が安いことでしょう。

家族のため自分のため万が一に備え保険に加入しても、何かと出費も多い中で、あるかどうか分からない事故や病気に備えて高い保険料を払い続けるのも一苦労です。

その点掛け捨てなら安い保険料で済ませられます。

「掛け捨て型」と「貯蓄型」で、どの程度差がでるのでしょうか?

具体的な例で見てみましょう。

死亡保障額が5,000万とした場合、掛け捨て保険の場合は約1万円前後になると思います。

(会社や、保障額によって値段は変わってくると思いますが)

貯蓄型となる終身保険の保険料は、だいたい定期保険の十倍なので、10万円前後になると思われます。

掛け捨てなら一年で12万円前後、貯蓄型は120万円にもなります。

十年では120万円と1200万円と相当な差が付くことになります。

掛け捨て型にかかる保険料

 一ヶ月:10,000

 一年 :120,000

 十年 :1,200,000

貯蓄型にかかる保険料

 一ヶ月:100,000

 一年 :1,200,000

 十年 :12,000,000

また先に触れた様に、いずれ返ってくるといっても、それは先の話です。

もし途中で入り用があったとしても、積み立ててるお金は使えません。

その間、教育費などは別口で用意しなければなりません。

これはなかなか厳しいのではないでしょうか?

「そうは言っても、掛け捨てで良いのか迷う…」という方のため、死亡保険と医療保険を例に、掛け捨てを選ぶ利点について具体的に見てみましょう

■ 「死亡保障」と「医療保障」の掛け捨ての利点

生命保険は数多くありますが、メインとなるものはやはり「死亡保障」と「医療保障」だと思われます。

掛け捨ての場合、「定期死亡保険」「定期医療保険」と、「定期保険」が掛け捨て型の保険となります。

貯蓄型の場合は、「終身死亡保険」「終身医療保険」と、「終身保険」が貯蓄型保険となります。

掛け捨てとなる「定期死亡保険」「定期医療保険」にはどんな長所があるのでしょうか?

この二つを選ぶ利点についてご説明して行きます。

● 死亡保障で掛け捨てを選ぶ利点

死亡保障は、被保険者に万が一の事故で亡くなったり、高度障害になった場合におりる保険です。

貯蓄型の終身保険などは、一生涯に渡り保障してくれます。

一方で掛け捨て型である定期保険は、支払っている一定期間の間だけの保障になります。

死亡保障を選ばれる理由とは、どういったことからでしょうか?

おそらく大体の方が「万が一の際に残された家族の生活費用などの補填として」だと思われます。

子供がまだ小さな頃は、これからの教育費なども含め、費用が掛かってきますので、小さいお子さんをお持ちのご家庭は必ず必要となってくる保険でしょう。

しかしそれは、逆に言えば子供が独立して以降は、それほど費用の心配をする必要もなくなってくるとも言えます。

子供が独立後も、何かあった時のためにお金を用意しておきたいとお考えなら、貯蓄型である終身保険に入るのが良いでしょう。

ですが、あくまで子供が独立するまでの保障として考えている方の場合、高い保険料を払って貯蓄型の保険に加入する必要があるのでしょうか?

資産運用などを考慮すると、生命保険の保険料は高くなっていく一方です。

そのせいで家計を圧迫するようでは、「家族のための保険」が本末転倒になってしまいます。

まして途中で払えなくなってしまっては、貯蓄の目的も満足に果たせません。

しかし生命保険を、「万が一の事故等の保障」とだけ考えれば、掛け捨てで十分なのです。

●医療保障で掛け捨てを選ぶ利点

医療保険は、怪我や病気などの際に入院の際にかかる費用や、手術の際にかかる費用を負担してくれる保険です。

入院した日数分だけ「入院給付金」を受け取ることができますので、安心して身体を癒すことができます。

掛け捨ての場合、予め決めた日数までしか「入院給付金」を受け取れませんが、終身の場合無制限で受け取る事ができます。

「やっぱり終身型の方が良いんじゃ…」と思われるのは少し早計です。

近年では、60日以上入院することは滅多にありません。

掛け捨ての定期保険でも十分に対応できるのです。

また入院や手術費用には、「高額療養費制度」というものもあります。

これは、医療費が高額になってしまった際、一定額を払い戻ししてもらえる制度です。

予め準備しておけば、事前に値下げしてもらうことも可能です。

このような制度もありますので、無理に高い保険料を支払わずとも、掛け捨て保険で不測の事態を十分補うことは可能です。

■まとめ

繰り返しになりますが、掛け捨て保険の長所は保険料の安さです。

そして保険は掛け捨てでも十分であることが、ご理解いただけたのではないでしょうか?

そもそも生命保険は「得か損か?」というより「合うか合わないか?」の方が重要です。

生命保険に入る目的は、いざという時の保障なのでしょうか? それとも貯蓄なのでしょうか?

もし保障が目的なら、「掛け捨て」の保険で十分補うことができるでしょう。

「掛け捨て」は状況によっては、ご自身に最適な保険となります。

何を見据えて保険に加入するのか、掛け捨てだから損だと思い込まず、その長所を見据えた上で人生設計を十分考慮して保険を選ぶとよいでしょう。

LINE@友達募集中

メールでのご相談はこちらから

お問い合わせ:03-5790-5530
メールでのご相談はこちらから