記事「不動産投資が節税になるってホント?」のページです。

不動産投資が節税になるってホント?

不動産投資が節税になるってホント?

不動産投資を最初に始められる人の中で、もっとも多い投資目的なのが「税金が安くなる」という理由。

しかし、実際にどういう仕組みで節税になるのか、そしてどれくらいの節税になるかについて、ちゃんと答えられる人は少ないように思います。

普段の生活においても、役所から指定された税金をそのまま入金している人が多く、税をうまく調整している人なんて、ほんの一握りですもんね。

そこで今回は、正しく節税が出来るように、不動産と節税についての関係性について紹介いたしましょう。

節税に関して正しい知識を身に付けよう。

real-estate-tax-savings-01

まずは結果から書いていきたいと思います。

不動産投資をすれば節税になるか?
…答えはイエスです。

しかし、無条件で不動産投資をすれば税金が安くなるわけでも、支払った税金が戻って来るわけではありません。(そんな都合の良い話は当然のことながら、ないはずなので…)

むしろ、仕組みを理解していないせいで、多くの税金を払わされ、不動産投資自体に失敗してしまうことも考えられるのが税金との関係。

事実、バブルの時代には節税目的だけに不動産投資をしたせいで、多くの投資家が失敗し、大損してしまったのです。(あのような時代はさすがに、もう来ないとは思いますが)それを回避する方法は、「不動産投資と節税」に関して正しい知識を身に着けるしかないのです。

所得税を取り戻そう!

real-estate-tax-savings-02

ここではまず、個人で行う節税効果について説明しようと思います。

たとえば、あなたが不動産を1戸所有し、その不動産投資で赤字が計上されている会社員だとします。

その場合、あなたの収入は、会社から支給された給料から不動産投資で出た赤字を引いた額になりますので、収入に応じて算出される所得税(源泉徴収額)も当然ながら減ってきます。

すなわち不動産投資を行うことで、すでに徴収されている所得税の一部が戻って来る。
それが節税になるのです。

ちなみに、給料と家賃収入の合計額が1300万円を超える規模になる場合は、個人で行うよりも、法人を立ち上げて、その法人で不動産を所有したほうが、より高い節税効果を見込むことが可能です。

なぜなら、合計額が1300万円を超えると、法人にかかる法人税率よりも個人の所有税率が高くなるからです。
当然のことながら、税率は低い方がお得になります。

赤字を出すことで節税につながる

real-estate-tax-savings-03

先ほどの章で、不動産投資は赤字を出すことができれば、その赤字に呼応する部分の節税ができると説明いたしました。
そこをもう少し具体的に話していきましょう。

所得税を毎月の給料から天引きされているサラリーマンを例にとって考えてみましょう。(実際、不動産投資をしている人の大半が普通のサラリーマンであるというデータがあります。)

サラリーマンの場合、基本的には納める所得税を会社が代わりに計算してくれ、納付します。
しかしながら、不動産投資で家賃収入を得ていたとしても、会社はどれだけの利益(損失)が出ているのか、当然把握できません。

そこで不動産投資をしている人は、自分のサラリーマン稼業での収入を含む、総所得を計算し直して、税金を納める必要があります。
それが確定申告というものです。

現状、確定申告をせずに、会社での年末調整だけという人が大半だと思います。

仮に不動産投資で黒字が出ていたとしましょう。
その場合は、収入が増える場合ですから、確定申告を行うことで、追加で税金を納める必要が出てきます。

一方、赤字が出た場合は、これまで会社から天引きされていた所得税を、赤字の分だけ取り戻すことが出来るのです。

実際のお金の動きよりも帳簿上の動きが大事!

real-estate-tax-savings-04

ただ、せっかく投資を始めようとする人に、「赤字を目指せ!」というのも気分の良いものではありません。

しかし、不動産投資でいう赤字は、実際のお金の動きのことを指すものではありません。

帳簿上で『費用>売上』になれば良いのです。
ですから、実際のお金の動きを見るとプラスになっていても、帳簿上赤字になっていれば良いのです。

その帳簿上の赤字を生み出す要因となるのが『減価償却費』です。減価償却費の最大の特徴が先ほども述べた、実際のお金の動きとは関係ない、帳簿上の費用という点。

では、減価償却費とは一体どういうものなのでしょうか?

減価償却費とは?

減価償却費とは、購入した不動産の価格と、購入時に一括して計上するのではなく、利用可能な年月にわけて、毎年計上しようというものです。

例えば、30年利用できる物件を3000万円で購入しようとした場合、毎年100万円ずつ減価償却費が計上されていくといった感じです。

このように節税の仕組みを正しく理解していれば、不動産を持つことにより、今よりもグッと所得税を抑えることができます。

税金によって、予定通りに貯蓄が進まない人は、ぜひ一度不動産投資を考えてみてはいかがでしょうか?

LINE@友達募集中

メールでのご相談はこちらから

お問い合わせ:03-5790-5530
メールでのご相談はこちらから