記事「家賃収入には税金がかかるって本当?」のページです。

家賃収入には税金がかかるって本当?

家賃収入には税金がかかるって本当?

近年では…というか、ここ20年間日本では、銀行預金をしても、ほとんど利息が期待できず、銀行はただの貯金箱と化していることから、様々な投資に挑戦する人が増えています。

しかし、投資の教科書には意外と、それにかかる税金について説明されていることが少なく、把握していない人が多いのが現状。

せっかく投資の腕を磨くのであれば、同時に節税の腕も磨かなければいけないのです。

不動産投資の収入源は、説明するまでもなく当然のことながら家賃収入。

しかし設定した家賃が、そのままご自身の手元に残るわけではありません。

世の中の収入には、すべて税金がかかるように、家賃収入にも当然ながら金額に応じて、税金を支払う必要が出てきます。

では、大まかにでも一体いくらの税金が家賃収入から差し引かれてしまうのでしょうか?

それを知ることで、あなたのライフプランが安全なものに変わるでしょう。

今回は、そんな家賃収入と税金の関係について説明いたしましょう。

税金に足を引っ張られることで…

rent-income-tax-01

これだけ長く不景気が続くと、いくら国民の義務とはいえ税金を納めることに渋い表情を浮かべる人は多いのではないでしょうか。

不動産投資にしたって、せっかく家賃収入が入って来るのに、税金で大部分が持っていかれてしまっては、投資の意味がありません。決して悪い意味ではなく、投資をするからにはお金にシビアでいなくてはいけません。

投資ですから目標にすべきは利益を上げること。

その利益が投資のミスではなく、“国民の義務”である税金によって苦しめられるのであれば、泣くに泣けません。

投資のミスも税金も、同じお金。投資の成功に神経を尖らせるのであれば、同様に税金の流出も賢明に止めなければいけないのです。

では、いったいどうすれば我々は利益を税金から守ることが出来るのでしょうか?
その答えは1つしかありません。

出ていく税金の種類を知ること。そうすれば、正しい節税ができ、虎の子の家賃収入をしっかりと守ることができるのです。

次の章では具体的に、いったい家賃収入に対して、どんな税金がかかるのかについて説明していこうと思います。

不動産所得と家賃収入とは異なります。

rent-income-tax-02

正しい不動産所得に関する税金を計算するために、必要なことを整理していきましょう。

まず絶対に混同してはいけないのが、家賃収入と不動産所得の違いです。

言葉のニュアンスから、同じように感じてしまいがちですが、この2つの言葉。まったく意味が異なります。

不動産所得とは、家賃収入から必要経費を引いた金額のこと。

不動産を所有すると必ずと言っていいほどかかるのが必要経費。
管理費や修繕積立金、修繕費用などがあります。

普段、会社員をされている人は、この必要経費という考え方が、理解されにくいように感じます。

あなたが働いている会社も、家賃であるとかパソコン代といった大きい物から、ボールペンや名刺代といった細かいものまで、いたるところに必要経費となるものが存在しています。

ですので、最初は「これって必要経費かな?」と考えずに、ずべて必要経費で計上しましょう。

思いもしなかった、意外なものまで経費で落ちる可能性は十分にあるのです。

必要経費を出来るだけ多く計算しよう!

rent-income-tax-03

家賃収入にかかる税金は、不動産所得に対して、課税されます。

すなわち家賃収入が大きくても、必要経費が同様に大きくかかっていれば、不動産所得は小さくなり、その分税金の支払いも低額で抑えることができるのです。

ですので専門家の意見を聞いて、出来るだけ多くの必要経費を申請するようにしましょう。

ここでの専門家は、あなたの不動産投資に乗ってくれた人を指します。

その人は、もちろんあなたの投資が上手くいくことを願っているわけですから、無駄な税金を排除するのにも、きっと協力的な人。

節税というと悪い印象を持つ人がいるかお知れませんが、決してそんなことはありません。

計画的に人生設計を練るためには、必ず節税は必要なことなのです。

不動産所得税以外の税金

rent-income-tax-04

ここまでは家賃収入にかかる所得税について説明してきましたが、不動産に投資をしている場合、他にもいろいろな税金がかかってきます。

不動産購入時…不動産取得税 ・登録免許税

※ちなみに不動産取得税の計算方法は、取得した不動産の価格(課税標準価格)に税率をかけたものになります。
税率は土地、家屋(住宅)に関しては3%。家屋(住宅以外)に関しては4%になります。

不動産保有中…固定資産税 ・所得税 ・住民税

不動産売却時…譲渡税(売却益が発生した場合)

これだけの税金がかかってくるのです。
ですので、きっちり計画を立てて資産運用してください。

税金が支払えなくなって、不動産投資が失敗する例も数多く見受けられます。

もし不安がある方は、早急に我々に相談してください。
無駄な税金を払うほど、バカバカしいことはないのですから。

LINE@友達募集中

メールでのご相談はこちらから

お問い合わせ:03-5790-5530
メールでのご相談はこちらから